石田ホーム ブログ

石田ホームの最新情報を発信しています。

北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」のレビューをいただきました!

石田ホームの北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」にお住まいの
オーナー様よりHouzzへ追加レビューをいただきました!

 

オーナー様とは1邸目のお引き渡しから、30年以上のお付き合いになりますが、
この度、石田ホームと共に2邸目を建築いただき、
新たなお住まいでの暮らしについて、レビューをいただいております。

 

 

石田ホーム株式会社へのレビュー 2020年夏、入居から2年が経過して3年目に入りました。 2019年の夏、1年点検を実施していただきましたが、もちろん異常なし。 初めての投稿では夏のことを書きましたので、寒い季節についても一言、と思い投稿させていただきます。 ある程度想像はしていました、寒い季節も快適であろうことは。そして、実際には「想像以上の快適さ」、これが素直な感想です。

 

■オーナー様のレビュー全文はこちら

 

=== 2020年7月 追記 ====================

2020年夏、入居から2年が経過して3年目に入りました。

2019年の夏、1年点検を実施していただきましたが、もちろん異常なし。

初めての投稿では夏のことを書きましたので、寒い季節についても一言、
と思い投稿させていただきます。

 

ある程度想像はしていました、寒い季節も快適であろうことは。
そして、実際には「想像以上の快適さ」、これが素直な感想です。

 

テレビCMで耳馴染みの「暖かい我が家が待っている・・・」、
まさにそのように感じるのです。

 

 

そして遂に一冬、室内では薄着で過ごすことができました。
就寝時も羽毛布団なんて必要なしです。

朝、表に出た時、「う〜、寒い!」、表はこんなに寒かったのか。
それからは、習慣としてエアコンのコントローラーに表示される
屋外温度を確認することが習慣になりました。

 

年間通して快適な室内。
さすが高気密、全館空調のとのコンビは最高です!

窓ガラスの結露なんて一度も発生しません、当然なのですが。

 

 

そして、これは予想外の出来事でしたが、
2019年9月の台風15号、経験したこともない被害に見舞われました。

 

私達の住まいのある地域は断水と停電。
9月中旬ということで、まだ暑さが残っている最中、2日と半日、電気のない生活。
窓を開けないと生活できないかも、でも窓は開けたくないな、そう考えつつも、
屋外で台風で散らかった物の後始末を開始。

 

後片付けをして玄関ドアを開けると、「うーん、まだ涼しい!」。
これなら生活できると思いました。「なんだ、この家、凄いぞ!」。

 

この「まだ涼しい」と感じる状態がまる1日は続きました。
さすがに2日目の夜は、別棟に退避しましたが、
機密性の高さが実証されたな、と思いました。

 

 

=== 初めての投稿 ====================

2018年の夏、今までにないような猛暑ですが、
休日は「家から出たくない」、仕事していても「早く家に帰りたい」、
そう実感できるマイホームが完成しました。

玄関を入ると、そこは「軽井沢」です。

 

 

石田ホームさんとは30年前に1軒目の家を建てた時からのお付き合いで、
2018年の夏に完成した家は2軒目です。
1軒目の家もメンテナンスをしながら、現在も住み続けています。

 

2017年の春、親の住んでいる家を建て替えようという話になり、
石田ホームさんのカタログを見て、モデルハウスを見学して、即決、契約となりました。

 

 

2軒目の建築ということもあり、1軒目の建築で学んだことを活かし、
妻と二人であれやこれや希望や無理?を言って完成した家です。

 

図面を見て、話を聞いて、サンプルを見て完成を想像していたのですが、
実際に住んでみて感じているのは、「快適」で「静か」と言うことです。

戸建だけど、室内はまるでマンションです。これは、徹底した高気密・高断熱、
強固な基礎とツーバイシックス、ツーバイフォー、三層樹脂ガラス窓、
そして全館空調だからだと思います。

 

「家を建てる」というのは凄く難しいことだと感じています。

素人の我々が快適さや安心感、満足感、高バランスな外観と内装などを得るができたのは、
設計者の方や関係者の皆様からの適切なアドバイス、提案や無くしては
ありえなかったのではないかと思います。
屋根や内外装の細かな箇所、カーテンなど見過ごしてしまいそうなことまで
提案を頂いたり相談に乗っていただきました。

 

 

石田ホームさんにお願いして本当に良かったと思っています。

冬がどれくらい快適なのかは、これから来る寒い時期を経験してから、報告したいと思います。

 

先日、隣や近所の奥様方が見学にきました。
建築中から話題にはなっていたようなのですが、玄関に入るやいなや、
「涼しい!「凄い、モデルハウスみたい!」「いいなー」、と驚きの声が。

自分が設計した訳でもないのに、気持ち良い、満足感に包まれた瞬間でした。

 

出展:Houzz Japan (https://www.houzz.jp/pro/ishidahome/)

 

 

一度いただいたレビューに追加をいただき、ありがとうございます。

家づくりを検討いただいた過程や、建築後に実際に暮らし始めてからの
住み心地を詳しくレビューいただきありがとうございます。

また、石田ホームの家づくりにご満足いただけているようで幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

オーナー様からレビューをいただいたHouzzは、
「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐ、家づくりのための
プラットフォームを目指すWebサービスとして、
新築住宅や住宅リフォームを検討するユーザーから世界中で使用されています。

 

writer: Yoichi

 

 

石田ホームでは、本場の北欧・北米デザインを熟知しているスタッフが、
お客様と一緒に家づくりをさせていただきます。

 

本物のデザインにこだわって家づくりをしたい方は、
ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください!

 

■住宅展示場のご見学をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
(感染症対策のため、予約制となっております)

→そうさ展示場・佐倉展示場ご来場ご予約

■オンラインでのご相談も受付中です。詳しくは下記にてご案内中です。

→WEB・オンライン打ち合わせご予約


注文輸入住宅の定期点検にお伺いしました!千葉県匝瑳市

注文輸入住宅の点検に伺いました!

 

千葉県匝瑳市の注文輸入住宅の定期点検へお伺いしました!

 

定期点検の建物の状況確認後に、
オーナー様とご一緒に木製断熱玄関ドアのメンテナンスを行いました。

 

 

メンテナンス後は、木製ドアの木目がしっとりとし、
白い壁にチークの木製ドアが映える美しい仕上がりに。

 

定期的にメンテナンスをすることで、家を美しく、長く保つことができますので、
例えば、おうちメンテナンスデーを設けて、ファミリーイベントにする等、
ご家族で楽しんで住宅と付き合っていっていただけたら嬉しいです。

 

 

石田ホームでは、木製断熱玄関ドアのメンテナンスなど、
オーナー様自ら行える日頃のお手入れ方法のレクチャーを行っていますので、
DIYに自信のない方もご安心ください。

 

また、定期点検の際に建物の状況確認、メンテナンス方法のお伝えの他、
高断熱高気密住宅で快適に暮らしていただくための
冷暖房空調換気の設定をアドバイスさせていただいています。

 

 

 

■withコロナの家づくり

しっかり換気のできる石田ホームの高断熱高気密住宅では、
24時間換気で家全体の空気をフレッシュに保ち、
クリーンな空気循環で快適に暮らしていただけます!

 

withコロナ時代の家づくりも石田ホームへお気軽にお問い合わせください!
■住宅展示場のご見学をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
(感染症対策のため、予約制となっております)

→そうさ展示場・佐倉展示場ご来場ご予約

 

■オンラインでのご相談も受付中です。詳しくは下記にてご案内中です。

→WEB・オンライン打ち合わせご予約

 

 

writer : Yoichi


コロナ禍も快適に!住み心地抜群な「スウェーデンの家」千葉県習志野市

千葉県習志野市のスウェーデンの家へお伺いしました!

千葉県習志野市の北欧輸入住宅「スウェーデンの家」へ
アフターサポートにお伺いいたしました!

 

間もなくお引渡しから1年になる、こちらの北欧住宅。

お引渡し後にオーナー様ご夫妻で始められたガーデニングの緑に囲まれて、
とても良い雰囲気の佇まいの北欧住宅となっています。

 

 

昨年末にご訪問した際も、住み心地について、
夏は涼しく、冬は暖かいので、家に入るとホッとする心地よさで
快適に暮らせていると教えてくださっていたオーナー様。

 

コロナ禍の影響で、外出自粛や在宅でのテレワークなど、
ご自宅で過ごす時間の長いステイホーム期間も、明るく快適な室内環境で
コロナ禍以前と変わらず、快適に暮らしていただけているそうです。

 

 

千葉県習志野市「スウェーデンの家」をお引渡しいたしました!スウェーデンで定番のホワイトの木製窓&北欧で多く見かける室内開閉のオーニング。

■Blog|全館調湿の北欧輸入住宅をお引渡し!「スウェーデンの家」千葉県習志野市 より
昨年、夏のお引渡し時のご様子

 

 

石田ホームでは、家づくりのコンセプトの1つ
「いつまでも居たくなる心地よさ」を実現するため、
快適な室温を保つ高断熱高気密構造、空気質にこだわるセントラル換気システムで
住宅の性能面、機能面を高めて快適な室内環境を実現しています。

 

また、従来から、住宅の性能面、機能面に加えて
暮らす人の視線の通りや、空間の広がりを感じるレイアウト、
フロア全体に緩やかにつながる空間構成を考慮したプラン提案で、
いつまもでも居たくなる心地よさを実現しています。

 

日々快適に暮らしていただけるよう、プランニングをしておりますので、
コロナ禍でもストレスを溜めることのない快適な住環境を、自信をもってご提案しています!

 

コンセプト「いつまでも居たくなる心地よさ」については、こちらをご覧ください

 

 

 

石田ホームでは、本場の北欧・北米デザインを熟知しているスタッフが、
お客様と一緒に家づくりをさせていただきます。

 

本物のデザインにこだわって家づくりをしたい方は、
ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください!

 

■住宅展示場のご見学をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
(感染症対策のため、予約制となっております)

→そうさ展示場・佐倉展示場ご来場ご予約

■オンラインでのご相談も受付中です。詳しくは下記にてご案内中です。

→WEB・オンライン打ち合わせご予約

 

writer: Yoichi


北欧輸入住宅「スウェーデンの家」のレビューをいただきました!

石田ホームの北欧輸入住宅「スウェーデンの家」にお住まいの
オーナー様よりHouzzへレビューをいただきました!

 

北欧ノルウェーで8年間を過ごしたオーナー様が、
日本にいながら、冬でも暖かく開放的な北欧での暮らしを求めた家づくりの様子、
そして、日々の住み心地をレビューくださっています。

 

 

石田ホーム株式会社へのレビュー 私たちが家づくりを検討したのは、北欧ノルウェーでの8年にわたる駐在を終えて間もなくです。現地で冬でも暖かく開放的な北欧住宅の生活に慣れてしまい、久しぶりに日本の家で過ごす冬はなかなか厳しいものでした。年齢的にも、ヒートショックがなくバリアフリーで快適な家に住みたい、できれば家族の思い出のある北欧デザインでと思いました・・・

 

■オーナー様のレビュー全文はこちら

 

私たちが家づくりを検討したのは、
北欧ノルウェーでの8年にわたる駐在を終えて間もなくです。
現地で冬でも暖かく開放的な北欧住宅の生活に慣れてしまい、
久しぶりに日本の家で過ごす冬はなかなか厳しいものでした。
年齢的にも、ヒートショックがなくバリアフリーで快適な家に住みたい、
できれば家族の思い出のある北欧デザインでと思いました。

 

ネットで見た写真が気になって訪ねた佐倉展示場は、私たちには驚きでした。
外観も内装も私たちがよく知る北欧の家だったからです。
「何なんだろうこの落ち着いた心地よさは」、そこにはオスロで暮らした空気までありました。

打合せのため、そうさ展示場も拝見しました。そこはガラージ付き、応接間を備えた北米風の家で、
昔ヒューストンで住んでいた家が久しぶりに目に浮かびました。

「スウェーデンの家」、「ノースアメリカンの家」はそのキャッチフレーズ通りでした。
そして、本物にこだわって家づくりをされている真摯で信頼できる工務店であると感じました。

 

石田ホームさんが夢をかなえてくれそうだと感じた私たちは、
ずいぶんと具体的なイメージを話していきました。
オスロで住んでいた家の写真や手書きの間取り図を見せて相談し、
キッチンメーカーの指定もお願いしました。

木調の外壁とレンガ屋根、スエーデン製の大きな窓と白い内装のおかげで開放的で明るい室内、
北欧キッチンを備えたダイニング、無垢のオークを白塗装した裸足にも心地よい床、
二階に風呂+プライベート空間、温かく快適な脱衣所兼トイレルームなど、、、
仕上がったら、小ぶりながらオスロの家に日本の便利さを付け加えたような家ができました。
それは、壁やドア、床の素材感、外観の見え方、室内を広く見せる工夫など
私たちの気づかない細かいところにまでイメージに近いものを追求してくださった
石田ホームさんのおかげと思っています。

 

住み始めてもうすぐ1年になりますが、住み心地の良さは想像していた以上のものです。
高断熱・高気密の全館調湿のおかげで、一年を通じてさわやかに暮らしています。
遊びに来た友達は、「空気がきれい、高原にいるみたい」と言ってくれます。
冷暖房はエアコンだけですが、夏はもちろん冬も快適で、家にいながらホテル暮らしをしているようです。
帰宅すると、冬は暖かく夏は涼しくてホッとしますし、温度差がないので特に風呂上りは最高です。

驚いたのは、快適さに比べて光熱費がかからないことです。
ほかにも窓を開けないので窓周りの掃除がいらない、土ぼこりが入らない、カーテンが汚れないなど、
きれいが長続きすることも暮らして感じたありがたさです。

今年は家にいる時間が長いですが、明るく快適なので在宅勤務にも大変助かっています。

 

家づくりは時間もかかるし決めることが多くたいへんですが、
石田ホームさんは、要望の多い私たちに一つ一つ丁寧に向き合ってくださり、
押し付けることなく専門家の立場からいろいろ提案してくださいました。

土地関係の相談にも乗っていただき、庭づくりも教えていただいたりして、
幅広い知識で助けていただきました。担当の皆様にはいつもおおらかな接し方をして頂き、
それも北欧の人たちとつながるものであり、一年近くに及ぶ家づくりを一緒に楽しむことができました。

「本当に建てちゃったんだね、ノルウェーの家。ただいま~、って実家に帰ってくる気がする」
初めてこの家に帰省した息子たちが笑いながら口にした言葉です。

幸せな家族の思い出を感じる家、オンリーワンの我が家を建てていただき、
石田ホームさんに感謝しております。

 

出展:Houzz Japan (https://www.houzz.jp/pro/ishidahome/)

 

素適なレビューをいただき、ありがとうございます。

家づくりの情報収集段階から、具体的に家づくりを始めてからの過程や、
建築後に実際に暮らし始めてからの住み心地を詳しくレビューいただきありがとうございます。

また、石田ホームの家づくりにご満足いただけているようで幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

オーナー様からレビューをいただいたHouzzは、
「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐ、家づくりのための
プラットフォームを目指すWebサービスとして、
新築住宅や住宅リフォームを検討するユーザーから世界中で使用されています。

 

writer: Yoichi

 

 

石田ホームでは、本場の北欧・北米デザインを熟知しているスタッフが、
お客様と一緒に家づくりをさせていただきます。

 

本物のデザインにこだわって家づくりをしたい方は、
ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください!

 

■住宅展示場のご見学をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
(感染症対策のため、予約制となっております)

→そうさ展示場・佐倉展示場ご来場ご予約

■オンラインでのご相談も受付中です。詳しくは下記にてご案内中です。

→WEB・オンライン打ち合わせご予約


ネイビーブルーのアメリカンハウスを訪問!千葉県東金市

千葉県東金市の輸入住宅「ノースアメリカンの家」を訪問

昨年、新築させていただいた千葉県東金市の
北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」へ定期点検へお伺いしました!

 

定期点検の建物の状況確認後に、
オーナー様とご一緒に木製断熱玄関ドアのメンテナンスを行いました。

 

メンテナンス後は、木製ドアがしっとりとした色合いとなり、
ネイビーブルーの外壁に、チーク材の美しい木目が映え、よりエレガントな色の組み合わせに。

 

定期的にメンテナンスをすることで、家を美しく、長く保つことができますので、
例えば、おうちメンテナンスデーを設けて、ファミリーイベントにする等、
ご家族で楽しんで住宅と付き合っていっていただけたら嬉しいです。

 

 

石田ホームでは、木製断熱玄関ドアのメンテナンスなど、
オーナー様自ら行える日頃のお手入れ方法のレクチャーを行っていますので、
DIYに自信のない方もご安心ください。

 

また、定期点検の際に建物の状況確認、メンテナンス方法のお伝えの他、
高断熱高気密住宅で快適に暮らしていただくための
冷暖房空調換気の設定をアドバイスさせていただいています。

 

 

 

■withコロナの家づくり

しっかり換気のできる石田ホームの高断熱高気密住宅では、
24時間換気で家全体の空気をフレッシュに保ち、
クリーンな空気循環で快適に暮らしていただけます!

 

withコロナ時代の家づくりも石田ホームへお気軽にお問い合わせください!

 
■住宅展示場のご見学をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
(感染症対策のため、予約制となっております)

→そうさ展示場・佐倉展示場ご来場ご予約

 

■オンラインでのご相談も受付中です。詳しくは下記にてご案内中です。

→WEB・オンライン打ち合わせご予約

 

 

writer : Yoichi


1 2 5

CATEGORY

N E W

ARCHIVE

  • Archives

    • 2020 年
    • 2019 年
    • 2018 年
    • 2017 年
    • 2016 年
    • 2015 年
    • 2014 年
    • 2009 年