石田ホーム株式会社

CLOSE

同僚の家で体感した、
居心地の良い住まいづくり。

家づくりの検討を始めた頃に招かれた同僚の家で、今までにない居心地の良さを体感して、
同僚夫妻から家づくりでこだわった点や心地よさの理由についての話を伺う機会に恵まれたというオーナー夫妻。

その後も同僚の宅に招待された際に、家づくりでの疑問を尋ねていく中で、
家全体の温度を快適に保つ温度バリアフリーや空調、換気といった高断熱高気密住宅への関心が日に日に高まり、
家を新築するなら同僚夫妻のような注文住宅を建てたいと思い、
同僚夫妻の家を建築した会社を教えていただいたのが石田ホームへ相談をいただく切っ掛けだったとか。

そこで、家全体を断熱性能の高いグラスウール断熱材と防湿気密シートですっぽりと覆う断熱気密構造と
最も外気温の影響を受けやすい窓には三層ガラス窓を採用した、高断熱高気密住宅をご提案。

より心地良い室内環境のご提案として、家全体の換気と湿度を快適に保つ全館調湿システムと
一階全面温水床暖房を提案し、冬は潤いある暖かさ、夏はさらさらとした涼しさの室内環境を実現しています。

1階にはリビング、ダイニング、キッチンの空間をオープンプランで緩やかにつなぐグレートルーム。

石田ホームの提案するグレートルームは、空間と空間を緩やかにつなげることで、
家族が空間を共有しながらも、家族それぞれのペースでゆったりと過ごせるのが特長です。


インテリアは、天井・壁にホワイトを基調とした上質な質感のペイント仕上げ。
床材には、木材のコントラスト特長的な無垢フロアを採用し、
エレガントな雰囲気の中にラスティックな雰囲気を感じさせるデザインにまとめています。

プライベートルームをゆるやかにつなぐ、ギャラリーのようなホール。
グレートルームへ続くホワイエも、玄関ドアを開けて家に入った瞬間にホッとする心地良い空間に。

どこで過ごしていても「余韻のある空間」が生み出す、ゆったりとした時間の流れに包まれます。

エクステリアは、手仕事の風合いを感じられるネイビーブルーの左官壁に
スプリットデザインの窓格子が特長的なダブルハング窓(上げ下げ窓)の印象的な美しい佇まい。

石田ホームの定番ともいえるチーク材の木製断熱玄関ドアと
深みのあるネイビーブルーのコンビネーションが玄関ポーチに優雅さを与えています。

「そろそろ家をと考えているタイミングで、同僚から率直な意見を聞けたこと。
実は、別の同僚も石田ホームで建ていることを知り、同僚二人の意見や評価もあり、安心感を持って家づくりに臨めました。
おかげで心地よく暮らせる家を建てられて、同僚の二人にはとても感謝しています。」

「暮らし始めて3年程になりますが、
玄関ドアを開けて家に入った瞬間から快適な室温で、その快適な室温が家中どこにいても保たれていて、
冬は身体の芯から温まる様な暖かさですし、夏は爽やかな涼しさで心地よく暮らしています。」とご主人。

「南側全面をリビングスペースにして、北側にダイニングと対面キッチンの間取りなのですが、
大きな窓が北側にあって明るいダイニングキッチンですし、家中心地よい温度に保たれているので、
断熱気密性の凄さを感じています。」と奥様。

一般的に“暗い”、“寒い”が当然と思われがちな北側の空間。

方角による日射や外気温の影響を抑え、家中どこでも心地良く過ごしていただくために、
石田ホームの家づくりでは、北海道のZEH基準を上回る断熱性能でしっかりと高断熱高気密住宅化し、家全体で冷暖房を行い
温度バリアフリーの快適な室内環境で居心地の良さを実現しています。

また、高断熱高気密化と合せて断熱・気密性能の高い三層ガラス窓を採用することで、
北側の窓を大きくしたりと日本の家づくりの概念に捕らわれない、自由な間取りを可能としています。


“住宅性能の高断熱高気密化”と“自由な間取り”を掛け合わせることで、
日本の暮らしや家という枠を超えた、より心地よい家づくりへとつながります。

注文住宅

DATA

  • 建築場所
    千葉県東金市
    家族構成
    3名
  • 敷地面積
    171.04㎡(約51.63坪)
    建物面積
    129.28㎡(約39.02坪)
  • 1階床面積
    61.66㎡(約18.61坪)
    2階床面積
    61.66㎡(約18.61坪)

資料請求いただくと「コンセプトBOOK」&「施工事例集」をお届けいたします。

施工事例一覧に戻る

その他の施工事例OTHER WORKS