快適を支える技術

豊かな暮らしを実現する家

石田ホームの高断熱・高気密の家には、「人にやさしい家」の住宅思想が込められています。それは快適で健康的な室内環境を無理なく十分に実現できる省エネ性を満たした、世代を超えて住み継がれる家です。家の中で、冬の底冷えや夏の蒸し暑さから開放され、建材の化学物質に敏感になることも、使い勝手の悪い間取りでストレスを感じることもありません。住環境のストレスから開放され、いきいきとしたライフスタイルを送る、そんな心豊かな暮らしを実現する住まいです。

健康・快適な家の「温熱環境」

石田ホームの家は、家中の温度差が少なく、一年中快適で健康的に暮らせる『温度バリアフリー』を実現する理想の温熱環境の家です。それには、各部屋ごとの温度差が少なく、床近くと天井近くの温度差が少ないことが大切です。また、昼夜の屋外気温の変化や天候の変化に室内温度が大きく左右されないことも大切です。理想の温熱環境を実現するには、住宅の高断熱・高気密化が重要です。反対に、断熱・気密性の低い家は、快適性だけでなく、住む人の健康面の危険性も高めています。例えば、お年寄りや高血圧の方にとって、室内での急激な温度変化は、ヒートショック(脳卒中や心臓疾患等)を起こす危険性があります。『温度バリアフリー』を実現した家では、冬季に“手足の冷えを感じ難くなる”、“風邪をひき難くなる”。さらに一年中“よく眠れる”と言われ、高断熱・高気密の家が健康性に与えるメリットがシンポジウムで多数報告されています。石田ホームのオーナー様からも同様の嬉しいお言葉を数多くいただいています。

健康・快適な家の「空気質」

石田ホームの家は、結露によるカビが発生しにくく、ダニが発生しにくい環境です。さらに24時間換気システムで計画換気が行われ、室内の汚れた空気を排出し、屋外の新鮮な空気を取り込みます。理想の空気質は、家中どこにいても常に新鮮で清潔な空気を吸うことができる室内環境です。それにはシックハウスの原因となる化学物質を発散する建材や施工方法を極力用いないこと、そして24時間換気システムによる計画換気と、その計画換気を妨げない高気密化が重要です。気密性が低い家では、結露によるカビが発生しやすく、カビをえさにするダニが発生します。カビやダニの糞、死骸などのハウスダストは、様々な疾患の原因とされています。ビニールクロスや合板フローリングなど、シックハウスの原因となる化学物質を含む人工建材も使用していません。仕上げには、ウッドチップ壁紙やヨーロッパ漆喰、無垢材の床板など、住む人と環境にやさしい自然素材の建材を使用します。

健康・快適な家の「静かな室内環境」」

石田ホームの家は、騒音の侵入しにくい高気密構造と遮音性能に優れた木製サッシ3層ガラス窓の家です。また、遮音性・吸音性に優れた高性能グラスウールを使用をした高断熱構造は、さらに静かな室内環境を実現します。人にやさしい健康・快適な家には、静かな室内環境も大切です。騒音とストレスは密接な関係があります。電車や飛行機の通過音などを一定以上浴びていると、自律神経のバランスを崩したり、睡眠にも影響を与え、精神的・身体的に健康を損なう原因とされています。静かな室内環境を守るには、高気密構造+窓の遮音性+高断熱構造が大切です。静かな室内環境と良好な温熱環境・空気質の家は、勉強や趣味などの物事に集中しやすく、知的生産性が上がり、室内で過ごす時間をより有意義にします。

高断熱・高気密による家の「省エネ化」

石田ホームの家は、高断熱・高気密化を行うことで、
省エネ・創エネ機器に頼らなくとも住宅構造そのものが省エネ性に優れています。
さらに光熱費を削減する経済性・環境性・快適性を持ち合わせる『真の省エネ住宅』です。
「省エネ性の高い高効率エアコン」や「太陽光発電システム」などの省エネ・創エネ機器を
導入しただけでは、真の意味での省エネ住宅と言えません。

高断熱・高気密住宅=省エネ
石田ホームの家は、環境と家計にやさしい低燃費の省エネ住宅です。 次世代省エネ基準に比べ“約3倍の断熱性能”と“5倍以上の 気密性能”があります。優れた高断熱・高気密性能は冷暖房エネルギーを逃がさず 少しの冷暖房で快適な室内環境を実現。冷暖房費用を抑え、 暑さ寒さの我慢を強いられない「快適な省エネ住宅」です。
高断熱・高気密住宅×創エネ機器=超省エネ
省エネルギー性能に優れた石田ホームの高断熱・高気密の家に 「太陽光発電システム」や「太陽熱温水器」、「ガスコージェネレーション」などの 創エネ機器を導入することで、使用するエネルギーを無くす“ゼロエネルギー住宅”や 使用するエネルギー以上にエネルギーを生み出す“プラスエネルギー住宅”と言った 環境と家計にやさしい住まいをつくれます。

省エネ住宅の基本は住宅の高断熱・高気密化

長期優良住宅のように寿命の長い家を新築する際には、どの部分に重点を置きイニシャルコスト(初期費用)を掛けるかで、ランニングコスト(維持・修繕費用)が大きく変わります。多くのハウスメーカーや工務店に「省エネ住宅を建てたい」と要望すると、太陽光発電システムやHEMSを組み合わせたスマートハウスなど、最新の設備機器に費用を多くかけ、断熱・気密性能に割く費用を少なくすることがあります。石田ホームでは、この要望に対して、まずは断熱・気密性能に費用を掛け、高断熱・高気密化を行います。設備機器に頼らない省エネ住宅とするためです。太陽光発電システムなどの設備機器を導入するかは、他の要望をお聞きしながらご提案します。その理由は断熱・気密を疎かにして設備に頼ったスマートハウスでは、省エネ性と快適性が得にくいだけではなく、設備機器の定期更新(およそ10~15年毎に修理・交換)といったランニングコストが必要となるからです。設備機器に頼らなくとも省エネができる、石田ホームの高断熱・高気密の家は、耐久性に優れた高性能グラスウール断熱材と防湿気密シートを使用しているため、設備機器を更新するようなランニングコストが掛かりません。その上で、さらなる省エネ性能をご希望の場合に、太陽光発電システムなどの設備機器の導入を推奨しています。