石田ホーム ブログ

石田ホームの最新情報を発信しています。

2019.04.27

北欧輸入住宅が上棟しました!千葉県習志野市

北欧輸入住宅「スウェーデンの家」の上棟時工事説明を行ないました!

千葉県習志野市に建築中の北欧輸入住宅のオーナー様へ
上棟時の工事説明&現地打合せをさせていただきました!

 

上棟時の工事説明では、ツーバイフォー・ツーバイシックス工法が
なぜ地震に強いのか、外壁2x6と外壁2x4の違い。また、石田ホームの家づくりの特長でもある
高断熱・高気密を実現する秘密をお話しさせていただきました。

 

 

高耐震2x6構造の第三者検査を受検しました!

また、上棟後に行う第三者機関の構造躯体の検査を実施しました!

 

石田ホームではツーバイフォー工法を熟知したスタッフが、
構造躯体の工事中から社内検査を行っていますので、第三者機関の検査もスムーズに合格いたしました。

 

構造躯体の検査後は、木製三層ガラス窓の取り付け、
外壁2x6に140mmの分厚い断熱材の充填&防湿気密シートで家全体をしっかりと気密し、
真夏と真冬の快適な暮らしには欠かせない、断熱・気密工事を進めていきます。

 

 

writer : Yoichi


【 関連コンテンツ 】


北欧輸入住宅「スウェーデンの家」千葉県習志野市

 

Blog|北欧輸入住宅の耐震基礎が完成しました!千葉県習志野市

Blog|北欧輸入住宅の地盤補強を実施しました!千葉県習志野市

Blog|北欧輸入住宅の地鎮祭を執り行いました!千葉県習志野市

Blog|北欧輸入住宅の地盤調査を行ないました!千葉県習志野市


2019.04.22

注文輸入住宅「ノースアメリカンの家」の地盤調査!千葉県東金市

注文輸入住宅「ノースアメリカンの家」の地盤調査を千葉県東金市で実施しました

注文輸入住宅「ノースアメリカンの家」の新築工事に先立ち、
千葉県東金市へ地盤調査にお伺いしました!

 

このスウェーデン式サウディング試験は、名前の通り北欧スウェーデンに
ルーツをもつ地盤調査です。この地盤調査方法は、スウェーデンの国有鉄道が
線路のレール下の地盤を調査するために始めた試験を基にしているため、
スウェーデン式サウディング試験と呼ばれています。

 

写真の作業は、地盤調査員さんが地中内の音を聞き分けて、
地盤の土質を判定しているところです!
機械で行うスウェーデン式サウディング試験が一般的になりましたが、
調査員さんの経験が活きるシーンがまだまだ多くあります。

 

新築工事の進捗に合わせて、家づくりの様子をブログで紹介させていただきます!

 

 

writer: Yoichi


2019.04.18

北欧輸入住宅の耐震基礎が完成しました!千葉県習志野市

北欧輸入住宅「スウェーデンの家」の基礎工事説明を行いました

 

千葉県習志野市の北欧輸入住宅「スウェーデンの家」の基礎が完成し、
オーナー様へ現場説明を行いました。

 

石田ホームの新築住宅では、
【ベタ基礎 + 構造計算】の耐震性に優れた基礎を採用しています。

一邸一邸、耐震等級3に準じた構造設計・構造計算を行い、
オーナー様それぞれの間取りに適した耐震設計で安心して暮らしていただけます。

 

また、石田ホームでは、オーナー様に家づくりを身近に感じていただけるよう、
工事の節目節目にオーナー様への現場説明を行っています。

 

 

writer : Yoichi


【 関連コンテンツ 】


北欧輸入住宅「スウェーデンの家」千葉県習志野市

 

Blog|北欧輸入住宅が上棟しました!千葉県習志野市

Blog|北欧輸入住宅の地盤補強を実施しました!千葉県習志野市

Blog|北欧輸入住宅の地鎮祭を執り行いました!千葉県習志野市

Blog|北欧輸入住宅の地盤調査を行ないました!千葉県習志野市


2019.04.13

北欧輸入住宅の断熱・気密性能発表!千葉県松戸市

北欧輸入住宅「スウェーデンの家」の高断熱高気密性能

 

石田ホームでは、快適にお過ごしいただける住宅の証として、
新築住宅の断熱性・気密性を数値化した「住宅性能報告書」をお引き渡し時にお渡ししています。

 

 

千葉県松戸市の北欧注文輸入住宅では、

 

UA値(外皮平均熱貫流率):0.37 W/㎡k  基準値の約2.4倍

 [最新(H28年)の省エネ基準値 0.87 W/㎡k以下]

Q値(熱損失係数):1.02 W/㎡k  基準値の約2.6倍

 [次世代省エネ基準値 2.7 W/㎡k以下]

C値(隙間相当面積):0.19 c㎡/㎡  基準値の約26.3倍

 [次世代省エネ基準値 5.0 c㎡/㎡以下]

 

UA値、Q値は断熱性能を、C値は気密性能を数値化したもので、
数値が小さいほど高性能な住宅となります。

 

 

とは言っても、断熱性能(省エネ性能)の比較はわかり難いですよね。
わかり易くHEAT20のラベル表示をすると、とても性能が高いことがわかります!

 

HEAT20、G2ラベル

 

国の省エネ基準やHEAT20のグレードと照らし合わせてもわかるように、
断熱性・気密性ともに、とても良い結果でした!

 

 

 

断熱性・気密性の高さは、日々の快適な暮らしに直結します。

石田ホームは、日々の暮らしが快適だからこそ、
気持ちにゆとりも生まれ、“暮らしに豊かさが生まれる”と、考えています。

 

 

石田ホームの高気密高断熱住宅のメリットについてはこちら

暮らしの中で受けられるメリット(http://www.ishidahome.co.jp/tech/)

石田ホームの断熱・気密性能ついてはこちら

メリットを支える住宅性能(http://www.ishidahome.co.jp/tech/performance/)

 

HEAT20について詳しくはこちら

HEAT20とは?(http://www.heat20.jp/heat20towa.html)

 

 

住宅の高気密高断熱は、ホームページだけでは解りにくいところもありますので、
ご不明点がありましたら、お気軽に石田ホームへお問合わせください。

 

 

Writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北欧輸入住宅「スウェーデンの家」千葉県松戸市

 

Blog|北欧輸入住宅の断熱・気密性能発表!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅「スウェーデンの家」のお引渡し!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅「スウェーデンの家」カーテンお打ち合わせ

Blog|インテリア撮影! 北欧輸入住宅「スウェーデンの家」

Blog|北欧輸入住宅「スウェーデンの家」完成見学会を開催しました!

Blog|完成見学会、ご予約受付中! 冬の暖かさをご体感ください!

Blog|北欧輸入住宅・スウェーデンの家「完成見学会」ご予約受付中!

Blog|超高性能!?全館調湿住宅の断熱&気密測定!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅が上棟しました!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅の耐震基礎!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅の地盤調査&地盤補強工事!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅の地鎮祭!千葉県松戸市


2019.02.26

北欧輸入住宅「スウェーデンの家」のお引渡し!千葉県松戸市

北欧輸入住宅のお引渡し

千葉県松戸市の北欧輸入住宅「スウェーデンの家」を
オーナー様へお引渡しいたしました!

 

お引き渡し時には、
高断熱高気密の全館調湿住宅でより快適に暮らしていただけますよう
オーナー様向け冊子「石田ホーム 暮らしのガイド」による暮らし方のレクチャーや、
キッチンなどの設備機器の使用方法をレクチャーさせていただいています。

 

お手入れ方法に馴染みが薄い、木製三層ガラス窓や自然素材のお手入れや、
全館調湿換気システムのお手入れについては、お引渡し時のレクチャーの他に
お引渡し後の定期点検の際に改めてレクチャーを行なっていますので、
自然素材や木製三層ガラス窓などのお手入れが不安といった方もご安心ください!!

 

スウェーデンの家での快適な新生活が楽しみですね♪
全館調湿換気システムの性能を活かす高断熱高気密性能について、
近々、ブログでご紹介できればと思います。

 

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北欧輸入住宅「スウェーデンの家」千葉県松戸市

 

Blog|北欧輸入住宅の断熱・気密性能発表!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅「スウェーデンの家」のお引渡し!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅「スウェーデンの家」カーテンお打ち合わせ

Blog|インテリア撮影! 北欧輸入住宅「スウェーデンの家」

Blog|北欧輸入住宅「スウェーデンの家」完成見学会を開催しました!

Blog|完成見学会、ご予約受付中! 冬の暖かさをご体感ください!

Blog|北欧輸入住宅・スウェーデンの家「完成見学会」ご予約受付中!

Blog|超高性能!?全館調湿住宅の断熱&気密測定!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅が上棟しました!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅の耐震基礎!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅の地盤調査&地盤補強工事!千葉県松戸市

Blog|北欧輸入住宅の地鎮祭!千葉県松戸市


1 2 18

CATEGORY

N E W

ARCHIVE

  • Archives

    • 2019 年
    • 2018 年
    • 2017 年
    • 2016 年
    • 2015 年
    • 2014 年
    • 2009 年