石田ホーム ブログ

石田ホームの最新情報を発信しています。

2020.05.23

平屋建てのアメリカンハウスが上棟しました!千葉県匝瑳市

平屋建てのアメリカンハウスが上棟しました!

千葉県匝瑳市に新築中の平屋建てのアメリカンハウス、
北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」のオーナー様へ
上棟時の工事説明&現地打合せをさせていただきました!

 

上棟時の工事説明では、
ツーバイフォー・ツーバイシックス工法がなぜ地震に強いのか、
石田ホームの家づくりの特長でもある高断熱・高気密を実現する秘密を
お話しさせていただきました。

 

 

アメリカンハウス上棟後の第三者検査に合格しました!

また、上棟後に行う第三者機関の構造躯体の検査を実施しました!

 

石田ホームではツーバイフォー工法を熟知したスタッフが、
構造躯体の工事中から社内検査を行っていますので、第三者機関の検査もスムーズに合格いたしました。

 

「ノースアメリカンの家」の上棟後は、アメリカンデザインの高断熱窓の取り付け、
外壁に高性能のグラスウール断熱材の充填&防湿気密シートで家全体をしっかりと気密し、
真夏と真冬の快適な暮らしには欠かせない、断熱・気密工事を進めていきます。

 

 

writer:Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


平屋建てアメリカンハウス!「ノースアメリカンの家」千葉県匝瑳市

 

Blog|平屋建て「ノースアメリカンの家」の耐震基礎が完成しました!千葉県匝瑳市

Blog|平屋建て「ノースアメリカンの家」の地盤調査!千葉県匝瑳市


2020.05.10

アメリカンハウスのドライウォール!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

注文輸入住宅のドライウォール作業が進んでいます!

千葉県千葉市に新築中の北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」では、
天井・壁を環境に優しい水性ペイントで仕上げるドライウォールの作業が進んでいます!

 

水性ペイント仕上げのドライウォールの特長は、

  1. 「美しい質感」
  2. 「メンテナンスのしやすさ」
  3. 「インテリアのリニューアルのしやすさ」

以上の3点が挙げられます。

 

特長1つ目の「美しい質感」は、写真の作業のように職人さんによって、
平滑に下地処理をされた壁面・天井面に水性ペイントの塗装を施すことによって、
しっとりとした落ち着きのある美しい質感に仕上がります。

 

ドライウォールの美しい質感は、石田ホーム佐倉展示場でご覧いただけますので、
ご興味のある方は、家づくりの参考にぜひ一度お気軽にご見学ください。

モデルハウスのご紹介|石田ホーム佐倉展示場

 

特長2つ目の「メンテナンスのしやすさ」は、
“汚れた手で壁を触ってしまった”、“バッグや荷物を壁にぶつけてしまった”
というような日常的なアクシデントに対しての、メンテナンス性の高さです。

 

例えば、汚れた手で触ってしまった場合は、固く絞った布で拭いていただいて、
それでも汚れが残ってしまったら、同色の水性ペイントで部分的に
タッチアップ塗装をすることで美しさを保つことができます。

荷物をぶつけて壁が凹んでしまった場合は、パテ材で凹みを埋めてから
タッチアップ塗装のメンテナンスをすることで美しさを保つことができます。

 

特長3つ目の「インテリアのリニューアルのしやすさ」は、
“インテリアの模様替えで絵やアートの位置を変えたい”、“部屋の壁色の雰囲気を変えたい”
というようなインテリアのリニューアルをしたくなった際に、
絵を飾りたい部分に補強の木材を追加してドライウォールを修繕することや、
壁面全体を水性ペイント塗装で仕上げた場合も所謂ペンキ臭のような刺激臭は
ありませんので、インテリアのリニューアル性に優れています。

 

 

メンテナンスやリニューアルが必要になった際は、
石田ホームのプロ・サービスで承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

また、ドライウォールのメンテナンスやリニューアルは、
海外ドラマや映画で見るように、オーナー様自らDIYで行うこともできますので、
ドライウォールのDIYメンテナンス、DIYリニューアルのレクチャーも承っております。
ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

 

Blog|全館空調住宅の気密測定!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの断熱気密工事!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスが上棟しました!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|足元から快適!床断熱工事「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの高耐震基礎!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの地鎮祭!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの地盤調査!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市


2020.04.21

平屋建て「ノースアメリカンの家」の耐震基礎が完成しました!千葉県匝瑳市

新築工事中の注文輸入住宅「ノースアメリカンの家」の耐震基礎が完成しました

千葉県匝瑳市に新築中の平屋建て北米輸入住宅、
「ノースアメリカンの家」の基礎が完成しました!

 

石田ホームの新築住宅では、
オーナー様それぞれの間取りに適した耐震設計で安心して暮らしていただけるよう、
一邸一邸、構造設計・構造検討を行い、耐震性に優れた基礎構造を採用しています。

 

もちろん平屋建ての場合もしっかりと耐震性・耐風性のある構造設計を行っていますので、
自然災害に対しても末永く安心して暮らしていただけます。

 

ご要望に応じて、フラット35S耐震タイプの住宅ローン利用や、
地震保険料が割安になる耐震等級3の認定取得も可能です。

詳しくは、お気軽にお問合せください!

 

 

writer:Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


平屋建てアメリカンハウス!「ノースアメリカンの家」千葉県匝瑳市

 

Blog|平屋建てのアメリカンハウスが上棟しました!千葉県匝瑳市

Blog|平屋建て「ノースアメリカンの家」の地盤調査!千葉県匝瑳市


2020.04.17

全館空調住宅の気密測定!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

全館空調付き注文住宅の気密測定

千葉県千葉市に新築をしている、
注文輸入住宅「ノースアメリカンの家」の気密測定を行ないました!

 

こちらのノースアメリカンの家は、
家全体を冷房・暖房する全館空調を採用した住宅のため、
各部屋に冷暖房の空気を送る空調配管が設置されており、
気密の弱点となりやすく、気密性能が出難いと言われていますが・・・

 

 

気密測定の結果は、測定員さんお墨付きの
C値=0.3c㎡/㎡と、とても良い結果です。

 

 

平成11年(1999年)に定められた次世代省エネルギー基準Ⅳ地域(千葉、茨城など)の基準が、
C値=5.0c㎡/㎡ですから、どれほど気密性が高いかお分かりいただけると思います!

※C値は数値が小さければ小さいほど、気密性能が高くなります

 

 

石田ホームの全館空調住宅では、気密の弱点となりやすい空調配管の
防湿気密シート貫通部分などを、全館空調メーカーの標準工事だけではなく、
さらに石田ホーム仕様の入念な気密工事を行なっています。

 

 

・ ・ ・ ・ ・

 

 

そして、新築住宅を検討の際にぜひ知っておきたいことは、
実は、最新の平成28年省エネルギー基準には気密性能の基準値がなく、
気密測定の義務もないということです。

 

高断熱・高気密住宅というと、省エネ性が高く冷暖房コストを抑えれられる等の
エネルギーの直接的な恩恵、エナジーベネフィットが注目されがちですが、
ノンエナジーベネフィットと呼ばれる間接的な恩恵は、
快適性や健康性といった心身の面から日々の暮らしを上質にします。

 

 

石田ホームの新築住宅は、気密測定を行い一邸、一邸の気密性能を確認しています。

高気密高断熱住宅に住むことによって得られる暮らしの快適性や、
気密性能についての詳しいご案内は、下記のホームページをご覧ください。

 

 

石田ホームの高気密高断熱住宅のメリットについてはこちら

暮らしの中で受けられるメリット(http://www.ishidahome.co.jp/tech/)

 

住宅の気密性能をあらわすC値についてはこちら ※ページ下部に掲載しています

メリットを支える住宅性能(http://www.ishidahome.co.jp/tech/performance/)

 

 

住宅の高気密高断熱は、ホームページだけでは解りにくいところもありますので
ご不明点がありましたら、お気軽に石田ホームへご質問ください。

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

 

Blog|アメリカンハウスのドライウォール!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの断熱気密工事!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスが上棟しました!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|足元から快適!床断熱工事「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの高耐震基礎!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの地鎮祭!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの地盤調査!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市


2020.03.26

アメリカンハウスの断熱気密工事!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

高性能断熱材140mm&防湿気密シート

千葉県千葉市の注文輸入住宅「ノースアメリカンの家」では、
真冬の暮らしを暖かく快適にするために欠かせない、断熱・気密工事が進んでいます。
断熱・気密工事の社内チェックに伺いました!

 

 

石田ホームでは、2x6(ツーバイシックス)の外壁に
断熱効果に優れている高性能グラスウール断熱材を分厚く14cmの厚みで
すき間なくたっぷりと入れていきます。

 

断熱材施工後は、外壁面と屋根裏の天井面に防湿気密シート(ベーパーバリア)を張り、
外壁面の電気コンセント・スイッチボックスには専用の防湿気密カバーを取り付け、
窓と柱のすき間には断熱材と防湿気密シートですき間を無くし、家全体の気密性を高めていきます。

 

特に全館空調のように防湿気密シートを貫通する空調配管の数が多い場合には、
気密のウィークポイントになりやすいので、入念に気密工事を進めていきます。

 

 

 

今回のブログではお伝えしきれませんが、
石田ホームの高断熱・高気密住宅は、「真冬に家中が暖かい・真夏に家中が涼しい」
「冷暖房の電気代が抑えられる」といったエナジーベネフィット以外にも
健康性や静音性等のノンエナジーベネフィットの面でも優れています。

 

高断熱・高気密住宅にご興味がございましたら、下記のWebページもご覧ください。

高断熱・高気密を支えるテクノロジーについてはこちら
http://www.ishidahome.co.jp/tech/performance/

 

高断熱・高気密で受けられるメリットについてはこちら
http://www.ishidahome.co.jp/tech/

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

 

Blog|アメリカンハウスのドライウォール!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|全館空調住宅の気密測定!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスが上棟しました!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|足元から快適!床断熱工事「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの高耐震基礎!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの地鎮祭!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市

Blog|アメリカンハウスの地盤調査!「ノースアメリカンの家」千葉県千葉市


1 2 23

CATEGORY

N E W

ARCHIVE

  • Archives

    • 2020 年
    • 2019 年
    • 2018 年
    • 2017 年
    • 2016 年
    • 2015 年
    • 2014 年
    • 2009 年