石田ホーム ブログ

石田ホームの最新情報を発信しています。

2018.02.18

注文輸入住宅の外観がお目見え!千葉県松戸市

千葉県松戸市の注文輸入住宅の外観

千葉県松戸市に新築中の注文輸入住宅の外部足場が外れ、
オーナー様こだわりのトラディショナルなファームハウスの外観がお目見えしました!

 

淡いベージュの外壁に深いブルーの飾り雨戸がとても印象的で素敵ですね。

 

 

 

以前のブログ「輸入住宅「ノースアメリカンの家」の窓!千葉県松戸市」でご紹介した、
下地の壁合板に窓が取り付けられた状態でも完成時の格好良さが伝わってきましたが・・・

 

「家全体の立体的なフォルムと窓・ドア等のバランス良い配置」
「窓周りなどの細かいディテール」が仕上げに加わり、ますます格好良くなっています!

 

 

やはり、本物のデザインの輸入住宅は、
「全体のバランス」「細かいディテール」の両方ともこだわるべきポイントですね。

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」千葉県松戸市

 

Blog|全館空調住宅の気密測定!千葉県松戸市

Blog|暖かい家に欠かせない断熱・気密工事!千葉県松戸市

Blog|輸入住宅「ノースアメリカンの家」の窓!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の工事説明&構造見学!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の2×6フレーミング!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の地盤補強工事を行いました!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の地鎮祭を執り行いました!千葉県松戸市

Blog|ノースアメリカンの家の地盤調査を行いました!千葉県松戸市


2018.02.12

断熱・気密性能発表! 2x6注文住宅の高断熱高気密性能 千葉県酒々井町

2x6注文住宅のお引き渡し

Photo : 暮らしのポイントレクチャーの様子

 

千葉県酒々井町の2x6(ツーバイシックス)注文住宅を
オーナー様へお引き渡しいたしました!

 

 

お引き渡し時には、自然素材を使用した高断熱高気密住宅で
より快適に暮らしていただける、暮らしのポイントのレクチャーをさせていただいています。

 

後日ポイントを見直しながら、
少しづつ暮らしに馴染んでいただけるようオーナー様向けのオリジナル冊子
「石田ホーム 暮らしのガイド」をお渡しさせていただいています。

 

 

ツーバイシックス高断熱高気密住宅の住宅性能

Photo : 「石田ホーム 暮らしのガイド」/「住宅性能報告書」

 

また、石田ホームでは、快適にお過ごしいただける住宅の証として、
断熱性・気密性を数値化した「住宅性能報告書」をお引き渡し時にお出ししています。

 

 

千葉県酒々井町の2x6注文住宅では、

 

UA値(外皮平均熱貫流率):0.39 W/㎡k  基準値の約2.2倍

 [最新(H28年)の省エネ基準値 0.87 W/㎡k以下]

Q値(熱損失係数):1.11 W/㎡k  基準値の約2.4倍

 [次世代省エネ基準値 2.7 W/㎡k以下]

C値(隙間相当面積):0.21 c㎡/㎡  基準値の約23.8倍

 [次世代省エネ基準値 5.0 c㎡/㎡以下]

 

UA値、Q値は断熱性能を、C値は気密性能を数値化したもので、
数値が小さいほど高性能な住宅となります。

 

国の省エネ基準と照らし合わせてもわかるように、
断熱性・気密性ともに、とても良い結果でした!

 

 

断熱性・気密性の高さは、日々の快適な暮らしに直結します!

石田ホームは、日々の暮らしが快適だからこそ、
気持ちにゆとりも生まれ、“暮らしに豊かさが生まれる”と、考えています。

 

 

石田ホームの高気密高断熱住宅のメリットについてはこちら

暮らしの中で受けられるメリット(http://www.ishidahome.co.jp/tech/)

石田ホームの断熱・気密性能ついてはこちら

メリットを支える住宅性能(http://www.ishidahome.co.jp/tech/performance/)

 

 

住宅の高気密高断熱は、ホームページだけでは解りにくいところもありますので、
ご不明点がありましたら、お気軽に石田ホームへお問合わせください。

 

 

Writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


高断熱高気密「ツーバイシックス注文住宅」千葉県酒々井町

 

Blog|高断熱高気密、2×6注文住宅の快適な室内!千葉県酒々井町

Blog|2×6(ツーバイシックス)注文住宅の気密測定!千葉県酒々井町

Blog|上棟!2×6(ツーバイシックス)注文住宅 千葉県酒々井町

Blog|2×6注文住宅の基礎工事!千葉県酒々井町

Blog|注文住宅の地縄&地盤調査を行いました!千葉県酒々井町

Blog|祝!2x6注文住宅の地鎮祭 千葉県酒々井町


2018.02.04

高断熱高気密、2×6注文住宅の快適な室内!千葉県酒々井町

2x6(ツーバイシックス)注文住宅の完成見学会を千葉県酒々井町で開催しました

千葉県酒々井町の2x6(ツーバイシックス)注文住宅の完成見学会へ
たくさんのお客様にご参加いただき、ありがとうございました。

 

ご参加の皆様、石田ホームの建てる高断熱高気密住宅の
真冬の暖かさ、快適さを存分にご体感いただけましたでしょうか?

 

 

 

本日は、お引き渡し前の外気温、室温などをご紹介しながら、
石田ホームの高断熱高気密住宅の快適さをお伝えします!

 

 

高断熱高気密2x6(ツーバイシックス)注文住宅の温度測定

朝10時を過ぎても外気温3.0℃!
室内の暖房設定は、エアコン暖房20℃の各階エアコン1台で
間仕切りのないオープンプラン36坪を暖房しています。

 

 

一週間ほど前の雪が庭先に残り、冷え込みも厳しい日が続いていましたが、
室内温度は、リビング21.1℃と暖かく快適な室温を保っていました!

 

 

高断熱高気密2x6(ツーバイシックス)注文住宅の室内温度

石田ホームの高断熱高気密住宅の快適さは、
「リビングから洗面所へ移動」のように部屋を移動した際の温度差が少ないだけではなく、
室内の気温が床~天井までの高さ方向の温度差が少なくとても快適です。

 

また、床~天井までの高さ方向の温度差が少ないと、
足元から寒さを感じたり、エアコン暖房で頭がボーっとする等の不快さを感じ難く、
冬のエアコン暖房でも快適に暮らしていただけます。

 

 

床~天井までの高さ方向の温度差が少ない快適な室内環境の秘密は、
住宅全体の(天井・壁・窓・床)面から熱を逃がさない断熱性能が優れていること、
そして、暖房した室内空気を逃がさない気密性能に優れていることです。

 

暖かさを逃がさない石田ホームの高断熱高気密住宅は、
天井や壁、床の表面温度が室内気温と同じくらいに暖かくなるので、
床等の面から寒さを感じることがなく、より暖かく暮らしていただけます。

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


高断熱高気密「ツーバイシックス注文住宅」千葉県酒々井町

 

Blog|2×6(ツーバイシックス)注文住宅の気密測定!千葉県酒々井町

Blog|上棟!2×6(ツーバイシックス)注文住宅 千葉県酒々井町

Blog|2×6注文住宅の基礎工事!千葉県酒々井町

Blog|注文住宅の地縄&地盤調査を行いました!千葉県酒々井町

Blog|祝!2x6注文住宅の地鎮祭 千葉県酒々井町


2018.01.28

注文輸入住宅の地盤補強工事!千葉県銚子市

注文輸入住宅の地盤改良を千葉県銚子市で実施しました

千葉県銚子市に建築中の注文輸入住宅、
「ノースアメリカンの家」の地盤補強工事を行いました!

 

 

住宅の地盤補強工事に使用される主な工法は3つあり、
事前に行う地盤調査の結果を基に住宅を支えるのに適した良好地盤までの深さによって
地盤補強工事の採用工法が選ばれます。

 

--------- 地盤補強に使われる主な工法 ---------

□ 表層改良工法 ・・・・ 軟弱地盤層の深さ2m以内に対応

□ 柱状改良工法 ・・・・ 軟弱地盤層の深さ2m~8m以内に対応

□ 小口径鋼管工法 ・・・ 軟弱地盤層の深さ8m超に対応

---------------------------------

 

 

 

今回の地盤改良は、柱状改良工法を採用しています

地盤調査の結果、今回の地盤補強工事は柱状改良工法を採用しました。

 

柱状改良工法は、人の肩幅よりも大きい直径60cmあるソイルセメントの柱を
良好地盤まで伸ばし住宅を支えます。

 

石田ホームの地盤補強工事は、住宅保証機構の地盤保証付ですので
お引渡し後も安心して暮らしていただけます。

地盤調査の結果、地盤補強工事の必要なかった住宅も地盤保証付です。

 

 

地盤調査や地盤補強について、詳しくはお気軽にお問合せください。
土地の購入に悩まれている方の事前相談も大歓迎です!

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」千葉県銚子市

 

Blog|注文輸入住宅の地盤調査!千葉県銚子市


2018.01.20

全館空調住宅の気密測定!千葉県松戸市

ishidahome_blog_20180116yc

 

千葉県松戸市に建築をしている全館空調付きの注文輸入住宅で、気密測定を行ないました!

 

全館空調住宅は、各部屋に冷暖房の空気を送る空調配管が、
住宅全体の気密を守る防湿気密シートを貫通する数が多いため、
気密の弱点となりやすく、気密性能が出難いと言われていますが・・・

 

 

気密測定の結果は、測定員さんお墨付きの
C値=0.29c㎡/㎡と、とても良い結果です。

 

 

平成11年(1999年)に定められた次世代省エネルギー基準Ⅳ地域(千葉、茨城など)の基準が、
C値=5.00c㎡/㎡ですから、どれほど気密性が高いかお分かりいただけると思います!

※C値は数値が小さければ小さいほど、気密性が高くなります

 

 

石田ホームの全館空調住宅では、気密の弱点となりやすい空調配管の
防湿気密シート貫通部分などを、全館空調メーカーの標準工事だけではなく、
さらに石田ホーム仕様の入念な気密工事を行なっています。

 

 

・ ・ ・ ・ ・

 

 

そして、新築住宅を検討の際にぜひ知っておきたいことは、
実は、最新の平成28年省エネルギー基準には気密性能の基準値がなく、
気密測定の義務もないということ。

そのため、高い気密性が求められる全館空調住宅でも、
気密測定を行っていない住宅が多いのも現状です。

 

気密測定を行っていない住宅の場合、十分な気密性能がとれておらず、
住宅の隙間から冷暖房が逃げてしまい、全館空調住宅に期待していた省エネ性が得られず、
「環境に優しくない」「冷暖房の電気代が高い」といったことも起こりがちです。

 

石田ホームの新築住宅は、気密測定を行い一邸、一邸の気密性能を確認しています。

高気密高断熱住宅に住むことによって得られる暮らしの快適性や、
気密性能についての詳しいご案内は、下記のホームページをご覧ください。

 

 

石田ホームの高気密高断熱住宅のメリットについてはこちら

暮らしの中で受けられるメリット(http://www.ishidahome.co.jp/tech/)

 

住宅の気密性能をあらわすC値についてはこちら ※ページ下部に掲載しています

メリットを支える住宅性能(http://www.ishidahome.co.jp/tech/performance/)

 

 

住宅の高気密高断熱は、ホームページだけでは解りにくいところもありますので
ご不明点がありましたら、お気軽に石田ホームへご質問ください。

 

 

writer : Yoichi

 

 


【 関連コンテンツ 】


北米輸入住宅「ノースアメリカンの家」千葉県松戸市

 

Blog|暖かい家に欠かせない断熱・気密工事!千葉県松戸市

Blog|輸入住宅「ノースアメリカンの家」の窓!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の工事説明&構造見学!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の2×6フレーミング!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の地盤補強工事を行いました!千葉県松戸市

Blog|注文輸入住宅の地鎮祭を執り行いました!千葉県松戸市

Blog|ノースアメリカンの家の地盤調査を行いました!千葉県松戸市


1 2 36

CATEGORY

N E W

ARCHIVE

  • Archives

    • 2018 年
    • 2017 年
    • 2016 年
    • 2015 年
    • 2014 年
    • 2009 年